Posted by at

2008年12月28日

餅つき終了!


兎:「朝、何時から始めると?」
焼酎:「午前中だって」
兎:「えーっ何時って言ってもらわんと困る〜ぶつぶつ・・・」

主人の家ではこれが当たり前。
とてもaboutな家族です。


1年前に主人の義母が亡くなりました。
早起きの義母はみんなが手伝いに行く頃にはほとんどできてる状態。
2人の義姉、叔母、私、以前手伝ったことはあるものの
どれくらいの量、どれくらいの水加減、
どれくらいの蒸し時間につき時間・・・

なにもかも誰も覚えてません。
近所のおばちゃんの”話”や”記憶”さらに”カン”を頼りに10時頃から始まりました。

まず、2つのコンロで時間差で餅米を蒸し・・・


この機械でつきます。
ちょっと壊れかけてガムテープで補修してありますが、上手についてくれます。
私はテーブルのうえにある白い桶のようなもので出来上がった餅を引き上げる係。

そしてちぎって行きます。

あんこ餅・丸餅・鏡餅・そして牛乳パックに詰めました。
いやぁ、牛乳パックはとても楽チン
明日くらいにある程度硬くなったらパックをはがしてカステラみたいに切ります。
粉が付いてない分、長持ちしますよ。

「私たちもなかなか上手じゃん」
「もうちょっとぶつぶつがある〜」
「蒸し器の下の水は入っとる?」
「みんなでこがん餅つきするなんてお母さん喜びよるよね〜」
などなど楽しく過ごしました。

こうやって集まる。とても重要なことでした。
今となっては遅いけど、もっと手伝って聞いとけばよかった。  


Posted by koro at 23:32Comments(6)イベント
QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人
プロフィール
koro